オセリの日記

母であり、妻であり、女である私のマイペースなブログ。育児や暮らしを書き綴るブログが、少しでも生活のヒントになりますように。

【秋の味覚】栗の湯がき方(茹で方)渋皮もキレイに剥けます。

こんばんは。オセリです。

やってみて簡単でした。

産地直送のお店で栗の売り場に湯がき方がのってました。

f:id:oselily-u49:20180910121502j:image

 

普通の鍋の場合

1.『栗をよく水洗いし、一晩水に浸す。』

一晩って夜から朝までってことでしょうから、大体8時間くらいお水につけておきました。

f:id:oselily-u49:20180910121406j:image

2.『鍋に栗が浸るくらいの水を入れて沸騰させたら栗が踊らないように弱火で40分〜50分ぐらい煮る。』

お水は栗が全部かぶるくらいに入れる。沸騰すると栗がぐるぐる回って動いちゃう(それを栗が踊るといいます)ので火を弱めて、お湯はグツグツしてるけど栗は踊らないくらいの状態で40分〜50分火にかけます。お水はどんどん蒸発するので栗が出て来てしまったらお水を足して、お水がかぶるようにしましょう。

f:id:oselily-u49:20180910121541j:image

3.『お湯がしっかり冷めてから取り出す。ざるに上げて出来上がり。』

茹で上がってすぐにざるに上げてしまうと、皮が向きにくくなるそうです。お湯が冷めるまで栗はそのまま鍋の中に入れておきます。

 

以上。

 

簡単ですよね。時間がかかるので何かのついでにやるのがいいですね。

キッチンに栗があるだけで秋を感じられます。そして味わって秋を感じる。

 

おやすみなさい。