オセリの日記a>

オセリの日記

少しでも暮らしのヒントになりますように。

子供と家で出来る簡単すぎるアート遊びを紹介します

オセリです。

息子の幼稚園も休園となりました。

外出もなかなか出来ず、

どうやって毎日を過ごそう

お悩みの方はいらっしゃいませんか?

 

かなり私流ではありますが、

我が家はなんとか乗り越えられています。

こちらでは、

お家でできる簡単な遊び

ご紹介いたします。

 

 

休園が続く今、子供も満足する家で出来る簡単すぎる遊び

f:id:oselily-u49:20130607100314j:plain

 

簡単すぎる遊びのテーマは

「自由」

自由につくって自由に遊ぶ。

それがテーマです。

 

簡単すぎる遊びとは

簡単に言うと工作です。

うちではアートを作ろうと言ってます。

自由にアートを作る!

 

ちょいかっこつけ感あるかもしれませんが、

息子がアートを作ると言い出したので

私もそう言っています。

 

発端はAmazonプライムビデオで発見した

クリエイティブギャラクシーという

海外の子供向け番組ですが

この影響を私も子供もめちゃめちゃ受けています。

 

クリエイティブ・ギャラクシー アーティーのホリデー・アート

クリエイティブ・ギャラクシー アーティーのホリデー・アート

 

休園におすすめの遊びのアートはどんなものが作れるの?

例えばこんなものです。

『剣』

f:id:oselily-u49:20200306230152j:image

『ロボット』

f:id:oselily-u49:20200306230225p:image

『ママ』

f:id:oselily-u49:20200306230401j:image

『ブロンズのお姉さん』

f:id:oselily-u49:20200306230254j:image

家族だけが見て、

息子が自分で作り上げて、

達成感と満足を味わえる

我が家では最高のクオリティです。

 

アートを作る為の準備

材料はほぼ、使い終わったモノたちです。

例えば、

 ・牛乳パック

 ・たまごのパック

 ・豆腐のパック

 ・プリンやゼリー、ヨーグルトのカップ

 ・ペットボトル及び蓋

 ・お菓子の空き箱

などです。

これらを捨てずにとっておきます。

普段ならゴミ箱行きのものですが、

室内遊びでは間違いなく重宝します。

 そして

我が家では材料を入れておく箱を

アイディアボックス

と呼んでいます。

こんなツイートもしました。

プラスであるとおすすめなのもの

 ・折り紙

 ・シール

 ・目玉シール

 ・毛糸

 ・ビニールテープ(カラーのもの)

 ・どんぐりや貝殻や石ころ

 ・ビーズ

など、全て100円均一で揃えられます。

私はダイソーやセリアなどで買いました。

 目玉シール最高ですね。

何でも目玉を付ければイケちゃう。

ベリグーです。

 

おすすめの文房具

はさみやのりクレヨンや色鉛筆などは

お持ちのものでもちろんオッケーなのですが、

おすすめしたい

圧倒的なのりがあります。

 

のりの王様アラビックヤマト

しかもカーブしているタイプです。

 

アラビックヤマト エル』

f:id:oselily-u49:20200306230445p:image

誠に使いやすい。

子供も持ちやすいみたいです。

 

 

 

続いてセロファンテープ。

『カルカット』

f:id:oselily-u49:20200306230453p:image

 

これは子供もカットしやすいテープです。

 

ママテープちょうだい。

パパやって。

 

と言われることもなく、

自分で好きなように好きな長さで

カット出来ているので

大変満足しています。

コクヨ テープカッター カルカット ハンディ 白 T-SM200W

コクヨ テープカッター カルカット ハンディ 白 T-SM200W

  • 発売日: 2014/06/04
  • メディア: オフィス用品
 

 

セロファンテープは100円均一よりも

それなりのものがおすすめです。
使用した感想ですが、
100円のものはカットしにくかったり
テープが切れてしまったり
不便さを感じました。
 
少しでも家庭でのストレスを減らすためにも
たかが文房具ですが
快適さを大事にしようと思えています。
 

こんな感じで家庭で楽しめるもの

そして簡単に出来るものということで、

ご紹介させていただきました。

 

誰に見せる訳でもないです。

家族やお子さんが楽しめれば

超十分ですよね。

 

体調に気を付けて、

楽しく春を迎えたいですね。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

 

Twitterフォローも嬉しいです。